クレジットカードの利用限度額を増枠できない理由と対策

スポンサーリンク

突然大きな買い物をする必要が出てきて、クレジットカードの利用限度額を超えてしまうといった経験はありませんか?

こういう時はクレジットカードの利用限度額を一時的にでも増枠する必要があります。

しかし、この増枠には審査があって場合によっては増額できないことがあります。
なぜ審査に落ちるのか?
その理由と対策について説明します。

スポンサーリンク

増枠したい金額が大きすぎる

現在の利用限度額に対して増枠したい金額が大きすぎる場合があります。

例えば現在の利用限度額が30万円で、60万円に増枠したいとなるとクレジットカード会社側は不安を感じます。

この場合は、60万円は無理ですけど50万円ならいけますよ、ということもあるのでそこで妥協できるなら合意してしまうのも手です。

目的や用途が悪い

極端な話、ギャンブルなどの目的で増枠したいと言えばクレジットカード会社は不安しか感じません。

会社の都合でどうしても必要など、やむを得ないような目的や用途でなければ安心して増枠させてくれません。

普段から使っていなくて信用が無い

これが一番重要な気がします。
普段からクレジットカードを利用して、かつ毎月きちんと支払いをしていなければ信用してもらえません。

クレジットカードには与信がつきものですから、普段からの信頼がないと、「今まで全然使っていないのにいきなり増額?」とクレジットカード会社も不安を感じてしまいます。

クレジットカードは直訳すると信用カードですからね、信用が大事なのです。

増枠するためには

では対策です。
やはり普段から良きお客としてクレジットカードを利用しておく必要があります。
クレジットカードを複数持っている方は注意しておいたほうがいいでしょう。

また、予め利用限度額を大きめにとっておくといいかもしれませんね。

まとめ

以上のことからクレジットカードの増枠の審査のポイントは金額・目的・信用の3つです。

突然の出費に加えて、増枠に悩まないように普段から対策しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。