2016年9月14日 相場見通し

スポンサーリンク

13日のNYダウは大幅反落し、258ドル安。前日の戻り分を全部吐き出した。原因は原油安や米金利上昇の懸念だ。

一方為替は1ドル102.50円近辺を推移し、落ち着きを見せている。日銀による追加金融緩和の思惑と米金利の利上げ観測が円安を誘う。逆に米金利の利上げ観測によるリスク回避手段として円が買われ、これは円高を誘う。

日本株は米国株に釣られて下がりそうだが、日銀によるETFの買い入れ思惑があるため、暴落は無さそうだ。

日本株の暴落はそのまま円買いに繋がり、株安、円高のスパイラルにはまる。日銀はこのパターンを嫌って阻止するだろう。

また、為替に影響を受けにくいディフェンシブ株は堅そうだ。

そうは言っても下落は免れられないだろう。日経平均の予想レンジは16,300〜16,600。

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。